きものは、いろいろな種類がありますが、どんな時にどんなきものを着るのですか?

フォーマル用〜留袖・振袖
黒留袖はミセスの第一礼装です。 結婚式では仲人夫人、新郎新婦の母親、伯叔母、姉妹などが着ます。 色留袖は、ミスも着られるので、結婚式では新郎新婦の姉妹や、伯叔母などが着ます。また、宮中では色地が正式です。 振袖はミスの第一礼装なので、一般的には結婚式、成人式などに着ます。

セミフォーマル用〜訪問着・付け下げ・色無地
結婚式、一般の式典、新年会、年賀の挨拶、初釜、入学、卒業式などでどうぞ。 付け下げは訪問着の略式です。着ていける場所も訪問着と変りません。 江戸小紋などは、柄によっては紋を付けると色無地紋付きと同格になり、セミフォー マルとして利用できます。

お洒落着〜小紋・織のきもの
街着として、芝居見物やコンサート、パーティ、会食などに利用できます。どちらかというと小紋のほうが、よそゆきで織のきものは日常着と考えられています。

ページトップへ