美容院などで着付けてもらう時、なにを持っていったらよいのですか?

美容院に事前に確認して下さい。
一般的には
●肌襦袢、・裾除け、
● 足袋、・長襦袢(半衿を付けて)、
● 腰紐(3〜4本)、・伊達締め(2本)・帯枕、・前板、
● 着物、・帯、・帯締め、・帯揚げ、
● 草履、・補正用の綿花、タオル
などです。 弊社の商品のページで便利な商品をご紹介致しておりますので、ご覧ください。

お手洗いで、着くずれしやすいのですが、何か良い方法はないですか?

裾が楽に開き、着物や長襦袢の裾を包み込むことのできる肌着や、和装用の股割れのショーツ、ガードルをご利用いただくと便利です。

胸が豊かで、着物を着るとよけいに太って見えるのですが?

着上がったときに胸が帯の上に乗るようですと美しいシルエットはできません。洋装用のブラジャーのご使用は、胸が帯の上に乗ったシルエットになり易くなります。和装用のブラジャーのご使用をお薦め致します。

着崩れを防ぐポイントはなんですか?

着物は直線断ち、直線縫いで出来上がっていますので、体の線をある程度筒型のシルエットに補整することがたいせつ。胸のはだけを防ぐ和装用ブラジャーや、トイレの際に着崩れないように和装用のショーツやガードルのご使用や、緩みの少ない腰紐、伊達締めのご使用をお薦めします。

長襦袢の着付けや手入れが面倒なのですが何か良い方法はありませんか?

正絹の長襦袢は、私も大好きですが、どうしても手入れが面倒です。肌着にも長襦袢にもなるタイプは便利です。また丸洗いできるタイプの長襦袢もございますので参考にご覧ください。

汗ジミから着物を防ぐには?

汚れがシミになってしまいますので、着るたびに付け替えることをお薦めします。長襦袢に簡単に縫い付けられ、また専用の肌着と共にご使用いただければ、縫い付ける必要のないものや、ファスナーで交換丸洗いできるものなど便利なものがあります。

いつもヒップのあたりがだぶつき、シワが寄ってきます。

ヒップあたりの補整が不足しているか、せっかくの補整がずれてしまったことが原因です。

衿合わせが崩れてきてどうしてもうまく着付けられません。

胸元の補正と、和装用ブラジャーをご使用ください。長襦袢の着方でも影響が出ます。

雨の日にきもの汚さない工夫は?

大切なお着物を汚さない為に万全の準備が必要です。雨コート、雨草履、大きめの傘、そして予備の足袋と足袋カバー、タオルをお持ちください。便利なものがございますのでご参考にして下さい。

着太りしないで、暖かく着物を装う為には?

くりこしがあり、衿合わせの所から肌着が見えない和装専用肌着をお選び下さい。 特に正絹のものは薄くても暖かです。

帯を締めたとき脇の部分がシワになるのですが?

最近の帯は、締め易さを考慮して柔らかなものが多いようです。そのため昔ながらの短いタイプの前板では、どうしても脇の部分がしわになりますし、前板の区切れ目の部分で段差ができてしまいます。その上から帯締めを締めますので、長い間にはその部分が擦れてしまいます。帯になじみやすい素材で長めの物をお選び下さい。

汗ジミから着物を防ぐには?

汗取り襦袢のご利用が一般的です。暖房の効いた部屋では、冬場でも汗をかきます。四季を通じて汗取り襦袢はご利用いただけますので、大切なお着物に汗ジミを作りたくない場合是非ご利用ください。それ程でもないけど気になるという方には、和装肌着の中からお選び頂ければと思っております。

絹の肌着の洗濯はどうしたらよいのですか?

洗濯表示を良くご覧下さい。手洗い中性洗剤使用となっているものは、ご家庭で手洗いできますが、洗剤は必ず中性のものをご使用ください。絹専用の洗剤もございますので、ご参考になさって下さい。

シワにならずに着物や帯を収納する方法について知りたいのですが?

着物は折り目にそって、帯はお太鼓の部分を意識してたたみ、折りジワがつかないように折り返しの部分に真綿の芯などをはさんで、余分なシワが出ないように注意して下さい。

きもの脱いだ後の取扱いは?

すぐにお仕舞いになることはおさけ下さい。ハンガーに掛けて一日陰干しをして下さい。陽のあたらない風通し良い場所ガ最適です。その際に、シミや汚れを点検して、汚れている場合は、処置をしてから収納してください。梅雨の時期や雨の日は、いったん軽くたたんでお仕舞い頂き、晴れた日を選んで陰干しをして下さい。その後着物専用の防虫剤を入れてお仕舞い下さい。

きものを譲っていただいたのですが、 手持ちの長襦袢と裄が合わないのですが。

既製品で、裄の調節のできる長襦袢がございます。着物の寸法と長襦袢の寸法が合っていないと着崩れの原因になります。

きものは、いろいろな種類がありますが、どんな時にどんなきものを着るのですか?

フォーマル用〜留袖・振袖
黒留袖はミセスの第一礼装です。 結婚式では仲人夫人、新郎新婦の母親、伯叔母、姉妹などが着ます。 色留袖は、ミスも着られるので、結婚式では新郎新婦の姉妹や、伯叔母などが着ます。また、宮中では色地が正式です。 振袖はミスの第一礼装なので、一般的には結婚式、成人式などに着ます。

セミフォーマル用〜訪問着・付け下げ・色無地
結婚式、一般の式典、新年会、年賀の挨拶、初釜、入学、卒業式などでどうぞ。 付け下げは訪問着の略式です。着ていける場所も訪問着と変りません。 江戸小紋などは、柄によっては紋を付けると色無地紋付きと同格になり、セミフォー マルとして利用できます。

お洒落着〜小紋・織のきもの
街着として、芝居見物やコンサート、パーティ、会食などに利用できます。どちらかというと小紋のほうが、よそゆきで織のきものは日常着と考えられています。

23歳の独身です。友人の結婚式に振袖でなくてはいけないのでしょうか?

振袖以外なら、訪問者や付け下げの華やかなもの、無地の紋付などです。 平服での参加のコメントがあったりする気楽なおよばれなら小紋まで大丈夫です。

32歳の独身です。友人の結婚式に振袖を着たいのですが?

落ち看いた色模様ならかまいません。派手だなと思うならば帯を黒地にするか金銀を主にした無地感覚にし、帯結びを落ち着いたお太鼓にすれば大丈夫です。

20歳で結婚しています。弟の結婚式には黒留袖になるのですか?友人の場合は?

既婚者は基本的に黒留袖です。ただし、親族以外は色留袖や訪問着でもかまいません。

帯の種類を教えてください。

袋帯、名古屋帯、袋名古屋帯、細帯が代表的です。

袋帯について教えてください。

二重太鼓になるフォーマル用の帯です。留袖や振袖、訪問着、色無地などに締めます。 帯の柄ゆきによっては、江戸小紋をはじめ上等の小紋にもしめられます。 生地は、錦織り(にしきおり)、唐織り(からおり)、綴織り(つづれおり)の種類があります。

名古屋帯について教えてください。

帯幅は9寸(34cm)あり帯芯を入れて仕立てますが、好みの幅に仕立てられます。 色無地、小紋、織りのきものに合わせます。

着装仕上げの注意点

■ミスの着装
(1)衣紋は抜きすぎないように指3本〜軽くこぶしひとつ位。
(2)帯山は高めに、帯枕は大きめのもの。
(3)たれの長さは7〜8cm位。
(4)帯締めは帯幅の中央に。
(5)衿合わせはきっちりと。半衿は1.5〜2cm位出す。
(6)帯揚げはふっくらと。
(7)おはしょりはすっきりと多すぎないように。
・上前の褄上りは下前の半分くらい。下前の褄上りは7〜8cmから15cm。
・裾つぼまりは、あまり強調しない。
・裾の長さ-普段着はくるぶしが隠れる位。
・裾の長さ-外出着は床すれすれ。

■ミセスの着装
(1)衣紋は丸みをつけて軽くこぶしひとつ位。
(2)帯山はやや低めに、帯枕はミスよりも小ぶりのものを。
(3)半衿は1.5〜2cm位。
(4)帯締めは中央より帯締めの幅1本位下に結ぶ。
(5)衿合わせはゆったりと合わせる。
(6)帯揚げはあまり多く出さないように。かための生地(7〜8cm位)柔らかい生地(15cm位)
・上前の褄上りは下前の半分くらい。下前の褄上りは7〜8cmから15cm。
・裾の長さ-普段着はくるぶしが隠れる位。
・裾の長さ-外出着は床すれすれ。