着崩れについて


胸が大きめで、ウエストとヒップの差があり、着崩れに困っています。
おすすめの商品がありますか?

○回答

胸が豊かなかた向きの、
ロングラインブラジャーがよろしいかと思います。
http://yosooi.xb.shopserve.jp/SHOP/016002.html

ウエスト部分との差のおありのお体型ですから、
ウエスト周りとヒップの部分の補整をする、
【補整】美容補整パットをお奨めいたします。
http://yosooi.xb.shopserve.jp/SHOP/017009.html

また、普通のタイプの長襦袢をお使いの場合には、
衿がふにゃふにゃしてしまう場合には、中にしっかりとした
衿芯を入れていただくとよろしいかと思います。
http://yosooi.xb.shopserve.jp/SHOP/011003.html

装いの道では、便利な仕立て衿もございます。
こちらは、スタイリストの方や演歌歌手の方などに
ご愛用いただいている商品で、着崩れせずに
美しい胸元をつくりますので、よろしければご検討くださいませ。 http://yosooi.xb.shopserve.jp/SHOP/150004/150022/list.html


かんたん長襦袢の衿について

Q.1
かんたん長じゅばんを購入したのですが、ファスナー式半衿には衿芯を通すところがありません。
プラスチックの衿芯をはさむと、衿が浮くような感じがします。
よい方法がありましたら、教えてください。

A.
かんたん長襦袢のファスナー式衿は、あまり多く抜いてしまうと、
シワが寄ってしまいますので、加減する必要があると思います。

衿芯は挟んだ形でお使いください。
もし、衿芯が浮くような感じでありましたら、
衿芯を挟んで、衿の端の首の後ろのところを3ヶ所ほど、縫い止めてみてください。
衿芯は、弊社製のものをお使いでしょうか。あまり堅い素材ではない方が、
よろしいかもしれません。
美容衿芯



Q.2
美容衿に比べて、衿がきれいに仕上がらないのですが・・。

A.
ファスナー式の衿は、どうしてもその構造上、【美容衿】ほど美しく決まりません。
より美しい衿もとをご希望の方には、美容衿をお奨めしています。

※美容衿はかんたん長襦袢には対応しておりません。
 美容衿は、長襦袢に縫い付けてお使いいただくか、
 もしくは美容ランジェリーに合わせてご使用くださいませ。

美容衿
美容ランジェリー


縫い付け方はこちらを参考にして下さい。

美容衿を長襦袢に縫い付ける方法

長襦袢/ランジェリーのサイズ


Q.
サイズについての問い合わせです。
身長はMサイズですが、裄はLサイズです。
どうしたらよいでしょうか?

A.
サイズは裄に合わせますので、Lサイズをお選びください。
ただ、丈が長くなってしまいますので、
その場合は二部式を使われるとよろしいかと思います。

二部式は上下が分かれているので、身長に合わせることができます。
裾除けはヒップのサイズに合わせて選ぶこともできますので、
ちょうどよいサイズをお選びいただけます。

絽キンチと 絽のキュプラについて

Q.
絽のキュプラと、絽キンチのものとはどう違うのですか?
また、真夏には、どちらの方が涼しいでしょうか?
汗で張り付くなどの違いもあれば、教えて頂けないでしょうか?

A.
絽のキュプラと、絽キンチですが、涼しさや着やすさを考えれば、絽キンチをお勧めします。
絽キンチはさらりとして肌触りもよく、軽やかだと思います。

キュプラは植物生まれの再生セルロースで、吸湿性はありますが、
キュプラ100%ですと、速乾性が弱く、また少し生地感が重たく、暑く感じられるのではないかと思います。
またキュプラのはお洗濯の後、アイロンがけが必要となります。

木綿や紬に合わせるには

Q.
無地の木綿や,無地の紬,浴衣に合わせるのは、
紋綸子では重いのですが、何かありますか?

A.
紬・木綿素材には、今ネットに出ています商品ですと、
セオαや、キンチ素材か、絞り風のものがよろしいかと思います。

また、紬や木綿素材には、色柄ものの替え袖や裾除けなど
合わせられてもお洒落だと思います。

美容和装コートの撥水加工について

Q.  
どしゃぶりの雨がこのところ多く、
使用しているうちに、撥水効果が薄れてしまったように思います。
どうしたらよいのでしょうか?


A.
美容和装コートですが、こちらは縫製をした後に、防水加工をしています。
ですから、最近のようなひどい土砂降りなどで
濡れてしまいますと、お洗濯するのと同じような状態になってしまい、
加工が落ちてしまうということです。

あまりひどい雨降りの日のご使用は、
避けられた方がよろしいかと思います。

撥水効果が落ちてきたときには、クリーニング店などの専門店で、
撥水加工されることをお奨めしております。

シワトールについて


Q.
着物を一回着るとどうしてもシワになりますが。
毎回クリーニングに出すのも大変だな・・と悩んでいました。
シワトールは大変便利そうですが、着物にスプレーのシミなどはつきませんか?
又、アイロンなど使わなくてもスプレーだけでシワはとれますか?

A.
シワトール(衣類用しわとり剤)は、お着物を掛けた状態で、スプレーし、
シワを伸ばすという製品ですので、アイロンがけの必要はございません。
ただ、帯などシワの程度が、ギュッとあまりにも強かったりすると、
元通りに伸ばすことが、できないこともあるかもしれません。

お着物から十分離れたところから噴射するようにしていただくなどの、
使用上の注意事項を守っていただければ大丈夫かと思います。

これまで、ご使用いただいた方から「問題があった」というような
お声はございません。

ただ、留袖などの金糸や銀糸を使ったお着物などには、
クリーニング店などの専門店などでお手入れ頂いた方が、
よろしいかと思います。



プロも使用する、着物にも使えるしわ伸ばしスプレー。スプレーするだけで、衣類のしわ取り・消臭効果もあります。

【注意】
※撥水防水加工したものに使用されると、
 撥水加工が弱まるおそれがありますのでご注意ください。

※以下のものにはご使用できません。
 ・皮革、テンセル、ビロードなど水に弱い素材
 ・洗濯、ドライクリーニングの出来ないもの
 ・水によって色落ちする染色堅牢度の弱いもの
 ・伸び縮みする衣類(絞り加工、お召し、縮緬など)
 

●家紋について 
  色留め(色落ちしない加工)をしてありましたら、
  ご使用いただけます。

●麻・綿もご使用いただけます。

汗取りメッシュ付 肌襦袢について

Q.
【汗取りメッシュタイプ・美容衿対応 小衿芯付】美容肌襦袢
「小衿芯付美容ゆかた肌着」の写真と同じように浴衣着用時に衿を添わせる事ができますか?
また、小衿芯をぬけば普通の肌襦袢として衿を立てずに使用できますか?

A.
お問合せの【汗取りメッシュタイプ・美容衿対応 小衿芯付】美容肌襦袢
も浴衣の衿を沿わせることができます。

こちらの商品は、綿100%。汗取り用のメッシュがついておりますので、
通年ご使用できますが、「小衿芯付美容ゆかた肌着」に比べると
素材が違いますし、汗とりメッシュがついていますので涼しくはありません。
(浴衣用の肌襦袢の素材は、綿85%、麻15%です)

この汗取り機能は、汗染みを着物につくらないために、
お作りしております。
「通年お使いいただけます」と表記しておりますが、
汗をよくかく方が、汗染みをつくらないために、
夏場の暑さにはちょっと我慢する・・という着方となります。

綿の浴衣をお召しになる時は、そこまで汗染みに神経質にならないでもよろしいのかなと思いますが、
大切にされたい浴衣でしたら少々暑くても、汗取りタイプをお召しになられてもよろしいかと思います。

ただ、先ほど書きましたように、
汗取りタイプは比較的涼しくはありませんので、その点はご検討くださいませ。

静電気について

Q.
お茶席で和服をよく着ます。立ったり座ったり着崩れるのが悩みです。
静電気が起きて裾捌きも気になります。
正絹の美容ランジェリーはその点いかがでしょうか。
裾さばきはいかがですか?


A.
静電気には個人差などがございまして、また同じ方でも、その時によって
静電気が起きる場合と起きない場合があったりしますので、なかなか難しいところがあります。
また、下にきている肌着の素材にもよります。綿や絹は静電気は起きにくくなります。


当社製の製品で、最も静電気が起きにくいランジェリーは「洗える正絹」
それから、東レ「セオ・アルファ」はポリエステル高級素材で、
静電気がおきにくく裾さばきもよい生地でございます。


ただし、全く静電気が起きないというものではございません。
下に着る肌着の素材などにもよりますし、体質など個人差もございます。

静電気が起きる場合には、静電気防止スプレーをお勧めしています。
着物や長襦袢などにつかないように内側からスプレーされるとよろしいかと存じます。

クリナール石鹸は衿にも使えますか

Q.
美容足袋クリナール石鹸(2個)
この石鹸は絹の付け襟にも使用できるでしょうか。

A.
お問合せのクリナール石鹸ですが、
こちらは弊社製品素材、「洗える正絹」にもお使いいただけます。

ただ、特殊加工していない通常の正絹(ドライクリーニング表示)
にはお使いいただけませんので、お気をつけくださいませ。

折りじわについて

Q.
畳む時の折りじわが気になります。何かよい商品はあるでしょうか?

A.
「折りじわ防止」には、折りじわ防止クッションという、商品を販売しております。
畳まれるときに、こちらを入れていただくと、よろしいかと思います。



着物の折りじわは、良しとされているのですが、気になられるようでしたら、
お着物の裏側から、あて布を当てて、アイロンをかけられると
よろしいかと思います。


箔がある場合などもございますし、大切なお着物ですから、
低温からアイロンをかけてくださいませ。

替え袖、単衣/半無双について



●単衣について

単衣というのは、裏地のない仕立ての着物です。
6月と9月には、単衣の着物と決まっておりますが、
この時季は長襦袢の袖も、単衣の裏地のないもの、もしくは半無双の袖を使います。

また、5月、10月は袷の着物をきますが、暑い日などには、単衣袖の長襦袢を着て温度調節します。





●半無双について

半無双の袖は盛夏(7、8月)以外のどの季節にもお使いいただける、昔からある仕立て方法です。
降りと袖口の部分に裏地を付けています。
商品ページにて、「半無双」とあります替え袖の写真で、裏地が透けて見えると思います。
半分だけ無双袖、なので「半無双」といいます。

※半無双は、袷の時期にも、単衣の時期にも両方お使いいただけますが、
 礼装には、単衣の着物には単衣袖の長襦袢がよろしいでしょう。





□夏物について
夏の着物は絽素材の単衣と決まっております。
長襦袢も絽素材でございます。





■無双袖とは
無双は袖全部にわたって裏地のある袖です。袷の着物に着ます。

★装いの道では洗える正絹の生地で、無双袖をお作りしています。





★★★正式には

正式には、単衣の着物には単衣の袖となります。
単衣の留袖や訪問着などの、礼装/準礼装には、
長襦袢は、半無双ではなく、単衣袖がよろしいでしょう。

また、袷の着物の礼装には、無双袖の長襦袢をお奨めいたします。




●季節ごとの、着物と長襦袢
sode-1.jpg


正絹の美容衿のクリーニングについて

Q.
正絹の美容衿をクリーニング店に出すときには、
どのような点に気をつければよいのでしょうか?

A.
美容衿をクリーニングに出される際には、
生地をほどかずに、そのままの形でお出しください。

その際に、以下2点のことをご注意ください。

1. 正絹であるということを、きちんとお店の方にお伝えください。

2. 箱に入っていた形でクリーニング店に出していただき、
  このままの立体的な形で仕上げてもらうように
  お申し出ください。
  (さもないと、そのまま半衿のように平らにプレスされてしまいますので)

仮ひもについて

帯を結ぶ際の仮ひもを少し、短めのものが欲しいです。


○回答

当社では、美容腰ひもを仮ひもとしてお使い頂く事をお奨めしております。

美容腰ひもの商品ページ→

使い方
1. 仮ひもを半分の長さに折ります。
2. 仮ひもをかけ、前で、輪の中に2つの「ひも先」のうち一つだけ通します。
3. 両方の「ひも先」をしっかりと結びます。
※ひもを抜くときにはスルリと抜けますし、抜かない場合も帯の中に納まります。

シミ取り剤 「シミトール」について

シミトールにつきましては、こちらのページをご覧下さい。

シミトールの使い方

ランジェリーの小衿について

小衿芯が襟元から見えるのが嫌です。
美容衿は使うのですがどうしたらよろしいでしょう。
なかなか隠れてはくれません。

○回答

美容衿は、小衿が衿の内側に出るような形でお使いいただくように
おつくりしております。
小衿につきましては、弊社独自の手法ではなく、江戸時代からある仕立て衿を
採用しております。

小衿の出方はこちらの↓写真をご覧ください。

美容衿・ランジェリーの使い方
http://www.yosooi.co.jp/syohin/0120kaneru.htm


これ以上、小衿が出てしまうようでしたら、ランジェリーの背中部分を下に
引っ張るとよろしいかと思います。

ランジェリーの着方については、こちらでご説明しております。
http://www.yosooi.co.jp/syohin/01hadagikomono/howto/eri600/eriil.htm



ご不明な点などございましたら、ご連絡くださいませ。

美容衿を長襦袢に縫付ける

Q.
美容衿に半衿を縫い付けて、長じゅばんに縫い付けましたが、
とても厚みが出てしまいました。これで大丈夫なのでしょうか?


A. ご使用の際、芯部分のみの美容衿(商品名:きせかえ美容衿)を
お使いいただいていますでしょうか?

きせかえ美容衿


もし通常の美容衿に縫い付けられますと、半衿の生地一枚分厚くなってしまいます。

それから、縫い付けられた長襦袢ですが、しっかりとした厚みのある衿芯(三河芯)が入っているタイプでしょうか?

その場合も、やはり厚みが出てしまいます。

厚みにつきましてはお好みでございますが、すっきりと着こなしたい場合には、衿芯の入っていない長襦袢に、きせかえ美容衿をご使用されることをお奨めいたします。


男性用FGきものベルトについて

Q.
紳士FGきものベルトの使用方法について
紳士物には身八つ口がないので、きもの、襦袢の背にベルト通しの穴が必要になりますか?


A.
きものベルトは、男性用の場合、身八つ口がございませんので、
ご自分で長襦袢のわき部分をほどいてきものベルトが通る穴を開けて頂くか、
長襦袢の左身頃の上から、衿の下部分をつまんでご使用ください。

舞台などでご使用になる方は、きものベルトを通す穴をあけて仕立てをして、
使われているようです。

ただ着物の素材によっては、上からきものベルトの形が見えてしまうこともあり、
上に羽織をお召しになる場合にはごまかすことができますが、
薄物の着流しの場合には、少し気になるかもしれません。

股割れショーツの使用方について


股割れショーツの様式トイレでの使い方について、教えてください。

A
股割れショーツの様式トイレでの使用法について
ご回答させていただきます。

1.まず、トイレットペーパーを取り喉のところに挟みますと、
 お化粧が衿にも付かず、トイレットペーパーを使うときも安心です。

2.ユニペッチという当社の和装スリップを使い、着物を中にいれて
 チューリップのように上に持ち上げます。

3 固定できれば.両手が空きますのでお尻の方から股割れ部分を開き、
 便座とお尻で、ショーツを広げた形で挟み込み、お尻がぷりんと出てきますので
 汚さずに、用を足せます。


ショーツの使い方につきましては、お着物ではない時に、
一度練習された方がよろしいかと存じます。


何かございましたら、どのようなことでも
お気軽にお問い合わせくださいませ。

替袖の丈を少し短く調整したい

Q. 袖丈を数センチ短く調整したいのですが、何かよい方法がありますか?


A.
袖丈が短くなるように、つまんで縫っていただけるとよろしいかと存じます。

位置は、袖幅の真ん中の位置より、やや袖口寄り。
肘の当たる位置よりすこし袖口寄りのあたりです。

前身頃側と、後身頃側を一カ所ずつつまみます。


袂の部分をつまむとちょっとおかしくなってしまいますので
こちらの方法をご紹介しております。

他にもよい方法があるかもしれません。
何かございましたら、ご連絡いただけましたら幸いでございます。

ページトップへ